ビジネスマナー問題

ビジネスマナーの問題を正す

ビジネスマナーとして問題

マナーはコミュニケーションを捗らせる潤滑油のようなものです。お互いが気持ちよく意見を交わせれば、相手とも短時間で打ち解けられますし、商談の場でも基本的な礼儀作法を守る事で、ビジネスに関する意見交換は活発化させられます。ただ、本人が正しいマナーだと思っていても、実際は作法として間違っているものがあります。例えば、お辞儀の作法です。最近ではテレビのアナウンサーやお店のスタッフの方々が、肘を張り、両手をおヘソの上に置くようなお辞儀をしていますが、あのスタイルは日本のビジネスパーソンとしてはむしろ不正解です。あのスタイルは日本の伝統的はお辞儀ではなく、むしろ見る人々に不快感を与える問題があります。TVでは正しいお辞儀の仕方等と紹介されていますが、ルーツは日本ではなく、誤った知識が広く浸透しています。

仕事上のマナーの基本

社会ではビジネスマナーがとても重要です。あいさつ、言葉遣いなど気をつけるべきことはたくさんありますが、最も重要なのは身だしなみです。ビジネスでは社内の人、取引先の人など多くの人と関わります。人と関わる中で、身だしなみが整っていないと悪い印象を与えてしまいます。服に皺がないか、汚れていないか、髪型は適切か、靴は磨かれているか、鞄は汚れていないか、爪は短く切られているか、化粧は派手すぎないかなど気をつけるべき点は多くあります。このようなことは社内規則でも定められていると思います。社内規則を守り、身だしなみに気をつけることでより良い社会人生活が送れるでしょう。

↑PAGE TOP